トップ > 強羅ブログ > 強羅の歴史 > 強羅の年表

強羅の年表

post: 2012年2月26日 09:09 AM
強羅の出来事世の中の出来事
明治21年宮城野村がそれまで所有していた強羅の土地を底倉材の鈴木牧太郎に売却する。鈴木牧太郎、平松甚四郎に強羅土地売却。平松甚四郎早雲山から上強羅に引湯する。国府津−湯本間馬車鉄道開通
明治22年町村制施行 宮城野村字強羅として発足大日本帝国憲法発布
明治24年平松甚四郎、山脇善助に強羅の土地売却
明治25年山脇善助、香川泰一に強羅の土地売却
明治27年香川泰一早雲山より引湯して上強羅に早雲館を開業。宮城野村〜早雲館道路新設。日清戦争
明治33年国府津−湯本間電車開通(小田原鉄道KK)
明治37年香川泰一大涌谷から引湯に成功日露戦争
明治39年強羅に給電開始
明治40年香川泰一、高橋秀松他二十名に土地売却。早雲山の山崩れによる大洪水。清水仁三郎ら大涌谷より下強羅に引湯後楽館を開業。
明治43年大涌谷で地すべり起り宮城野地域被災
明治44年小田原電気鉄道KK強羅−帯の土地所有(土地四十万坪水道引水権購入)
明治45年小田原電気鉄道KK強羅の土地分譲開始
大正2年久米民之助別邸(紅葉閣)建つ。強羅環翠楼(岩崎康弥別邸)建つ。
大正3年強羅公園開園第一次世界大戦
大正6年強羅地域の水道施設許可
雲外荘(益田孝別邸)建つ。
大正8年湯本〜強羅間に登山電車開通(小田原電気鉄道KK)
堤康次郎、箱根周辺の土地買収開始
強羅停車場新築工事完成
大正9年箱根土地(株)強羅の別荘分譲開始箱根駅伝開始
皇太子(昭和天皇)登山電車御乗車強羅遊覧
大正10年強羅大文字焼始まる
強羅〜早雲山間ケーブルカー開通(小田原電気鉄道KK)
斉藤(茂吉)家別荘建つ
大正11年小田原電気鉄道KK強羅水道の給水開始
諸戸山荘(東電社長松永安左衛門別邸)建つ
大正12年関東大震災
大正15年ケーブル線上強羅駅を早雲山駅と改称
昭和2年小田急開設
昭和3年強羅岩崎康弥別荘に閑院宮殿下が滞在
昭和5年閑院宮殿下強羅に別荘を構える豆相震災(北伊豆地震)
昭和6年箱根土地(株)が強羅・湯の花沢の別荘分譲を行う函嶺洞門竣工
満州事変
昭和10年小田原〜強羅間登山電車直通運転開始
昭和11年石葉亭(三井高陽別邸)建つ箱根町国立公園制定
昭和13年強羅ホテルオープン
昭和16年太平洋戦争
昭和19年学童疎開を各宿泊施設が受け入れる
世界救世教教祖岡田茂吉、東京から強羅に居を移す
昭和20年終戦
昭和23年強羅旧商和会発足アイオン台風箱根全山襲来
昭和24年強羅保養所組合発足
昭和27年箱根強羅観光協会発足
箱根強羅温泉旅館組合発足
鈴木二六強羅で初めて温泉試掘に成功
昭和28年早雲山大地すべり発生
昭和30年強羅地区県営水道営業開始
天皇・皇后宮城野養老院に行幸啓強羅環翠楼にご宿泊
大文字焼を行う
昭和31年強羅見番開設箱根町制定
昭和33年箱根登山鉄道(株)早雲山で温泉造成始めこの頃より木賀・強羅から宮城野に引湯
昭和39年強羅国際スケートリンク開設東京オリンピック
昭和40年天皇皇后両陛下強羅公園御来訪箱根ターンバイク開通
昭和44年登山電車開通五十周年
昭和46年ケーブルカー新造車完成
強羅子供ばやし発足
昭和52年強羅駅、山小屋風に改築
強羅子供ばやし神奈川民族芸能50選に選ばれる
昭和54年斉藤茂吉邸解体、山形県上山市へ移築
箱根登山鉄道、スイス・レーティッシュ鉄道と姉妹鉄道提携
平成6年あじさい電車(箱根登山鉄道)運行開始
平成9年強羅駅「関東の駅100選」に選ばれる
平成13年白雲洞、神山荘(旧藤山雷太別邸)国登録有形文化財に指定

最新投稿画像一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

カテゴリー

最新記事

強羅温泉の「ごうらん」です。よろしくね!