トップ > 強羅ブログ > 2012年1月

おすすめスポット

post: 2012年1月23日 09:07 PM
強羅公園

tel:0460-82-2825

フランス式整型庭園の様式を採り入れています。ブーゲンビレア館、熱帯植物園、バラ園、お茶室も園内にあります。体験教室では吹きガラスや陶芸など楽しいものづくりも体験できます。



 
彫刻の森美術館

tel:0460-82-1161

二ノ平にある野外展示の美術館です。箱根の自然の中で世界の代表的作家の作品を見る事ができます。併設のピカソ館も人気です。敷地内に5つの屋内展示場があります。

 


箱根美術館

tel:0460-82-2623

我が国の"中世のやきもの"に焦点をあて中世古窯(常滑・瀬戸・越前・信楽・丹波・備前)の力強く重厚な作品を中心に、縄文時代から江戸時代までの日本古陶磁を展示しています。

 


箱根小涌園ユネッサン

tel:0460-82-4126

大型温泉テーマパークです。死海風呂や古代ローマ風呂など地中海をモチーフにした楽しいアミューズメントパークです。



 
箱根ガラスの森

tel:0460-86-3111

15世紀から18世紀にかけてのヴェネチアン・グラスを展示してあります。現代グラス美術館には19世紀後半から現代ヴェネチアン・グラスを展示してあります。



 
星の王子さまミュージアム

tel:0460-86-3700

サン=テグジュぺリの名作「星の王子さま」をテーマに作られたミュージアムです。王子の風景が再現されています。



 
箱根ラリック美術館

tel:0460-84-2255

フランスにおける宝飾およびガラス工芸の巨匠ルネ・ラリックの作品を展示してあります。ラリックが内装を手がけたオリエント急行のサロンカーも特別展示してあります。



 
箱根湿生花園

tel:0460-84-7293

箱根湿生花園は、湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生息している植物を中心にした植物園です。

 


箱根関所

tel:0460-83-6635

現在も復元整備が進行中ですが、公開された箱根関所の建物などの見所を順次ご紹介します。

 


金時山

tel:0460-85-5700

金太郎伝説で知られる標高は約1200mの金時山。山頂から眺める富士の美しさは名高く、丹沢、南アルプスを展望できる360度のパノラマが楽しめる

 


箱根ベゴニア園

tel:0460-85-8383

700坪の温室、四季いつ訪れても美しいベゴニアがさいています。園内のひめしゃらの湯で入浴休憩もできます。

 


箱根神社

tel:0460-83-7123

宝物殿には国の重要文化財に指定されている万巻上人座像をはじめ古文書、絵画、工芸品などが多数陳列されています。



 
御殿場プレミアム・アウトレット


強羅から車でアクセスできるアウトレット施設です。1年を通していろいろなイベントが開催されています。




ポーラ美術館

tel:0460-84-2111

箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに掲げ、美術館の建物は地下を活用して、周囲の森に溶け込むような形にしています。
総数約9,500点におよぶポーラ美術館のコレクションは、ポーラ・オルビスグループのオーナーでありました故鈴木常司が、40年余をかけて収集した美術作品です。




岡田美術館

tel:0460-87-3931

日本・中国・韓国を中心とする古代から現代までの美術品を収蔵しています。5階建ての広い会場に、掛軸や屏風、やきもの、土偶や埴輪、蒔絵、仏像など、さまざまな美術品を展示しています。

主な年間イベント

post: 2012年1月23日 08:09 PM
強羅で年間を通してさまざまなイベントを開催しています。
四季の表情を満喫したり、音楽やスポーツを楽しんだり、強羅を満喫できるイベントを紹介します。


【あじさい電車】

※詳しいあじさい電車に関しては箱根登山電車のホームページをご参照ください。

 
箱根登山鉄道沿線のあじさいは、例年6月中旬頃から開花の時期を迎えます。 
箱根登山電車はその名のとおり箱根の山を登りますが、各地点での標高とともにあじさいの見ごろも7月下旬にかけて少しずつ上っていきます。

車窓に触れるほど咲き誇る約10,000株のあじさいを楽しみに箱根まで遊びに来てください。




【大文字焼】
 
1921(大正10)年から続く伝統行事「大文字焼」。
山の中腹に浮かび上がったその「大」の字をバックに、スターマインを中心とした打ち上げ花火とナイアガラなどの仕掛け花火がも登場します。


山並みを縫って強羅温泉郷においでの皆様は必ず「大」の字が浮き出された山を仰ぎ見られることでしょう。この山が通称「大文字山」と呼ばれ、正しくは箱根外輪山の一つ標高924mの明星岳です。
毎年8月16日夜行われる強羅温泉最大行事である「強羅夏まつり大文字焼」が雄大かつ壮麗に行われる山です。「大文字焼」は大正10年から始まり強羅で夏を過ごす避暑客を慰め、同時に地元の旧盆の送り火を兼ねて今もなお盛大に行われています。


2ヶ月も前より炎天下の山腹において刈取乾燥の作業が繰り返し行われ乾燥した篠竹(箱根産女竹長さ3m程)直径30cm程の束を350束作ります。
「大」の字の輪郭に沿って2重に約1.5m間隔に立て、一すじの花火を合図に点火され、点が線となり字となって皆様の眼前に、「大」の字が浮かび上がります。
箱根夏の風物詩強羅大文字焼は、毎年8月16日の夜、盛大に行われます。
明星ヶ岳を赤々と焦がす火祭りは、大正10年より先祖供養の送り火として地元はもとより、多くの旅の方の心を癒してきました。




ご先祖様の供養と一年間の無事をこの「回向袋(えこうぶくろ)」に込め、今年も大雄山最乗寺の導師様による諸祈願大法要の後、宮城野青年会の手によって明星ヶ岳に運ばれ、午後7時半の点火と同時に火の中で供養されます。
箱根強羅を訪れたこの機会にご先祖様の霊を慰めてはいかがでしょうか。
「回向袋(えこうぶくろ)」は、強羅の各ホテル・旅館に配布されておりますので、係りの方にお問い合わせの 上ご利用くださいませ。


我々が責任を持って山にお届けします。

     
お問合せは 箱根強羅観光協会




【箱根駅伝】
 
東京・箱根間の往復を走り継ぐ、新春恒例の大学駅伝。箱根の上り坂は最大の見所です。



【JAZZ温泉】
 
タイトルからしてかなり風変わりで、「オヤッ?」と思われるかもしれませんが、コンセプトは、箱根らしく『足湯につかりながらJAZZを聞く!』で、これまでも、会場には、足湯が設けられるなど、様々な趣向が施され、くつろいだ気分の聴衆を楽しませてきました。

音楽とアートの素晴らしい出会いのなかで、様々なライブが開催されています。


1

最新投稿画像一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

カテゴリー

最新記事

強羅温泉の「ごうらん」です。よろしくね!